大きくする 標準 小さくする

靴磨き

2007/10/27

メキシコの靴磨きは手強い。
ヨーロッパの靴磨きは、
先に値段を尋ねれば、多少のボッタクリ、手抜きはあっても、
その値段でやってくれたような気がする。
こっちのは先に値段を聞いても最後に値段が変わる。
というのは、途中でスペシャルクリームを塗ってやるとかいって、
勝手に防水クリームを塗ってくる値段が2段階なんだ。
このスペシャルクリームで値段がぐんと上がる。
というかスペシャルクリーム込みの値段じゃないだろうか、普通は。

一度、スペシャルクリームを塗ってやると言われて、
そんなのはいらないと断って、
その時には既に塗っているから、
頭にきて、そんなのは頼んでないから、
最初の値段しか払わないで、
片方の靴だけテカテカになったまま帰ってきたことがある。

557.jpg


その他には、
スペシャルクリームを勝手に塗って、
100ペソ(1000円)とかいって、
どんだけスペシャルなんだよ、と思いながら、
そんな値段は払えないと言ったら、
仲間が一杯集まってきて、50ペソ(500円)払わされたこともあった。

メキシコの靴磨きには種類があるのかもしれない。
メキシコシティなんかは、立派な靴磨き椅子なんかで
営業している靴磨きがたくさんいる。
彼らはそんな商売はしないだろう。お店を構えているから。
オレは大体、靴を磨く必要をあまり感じないから、
相当汚くなったところを、流れの靴磨きに見つかって、
お前の靴汚れてるから磨いてやるといって、
ボッタクられるパターン。

今度こそは流れの靴磨きから正当な値段で磨いてもらってやる。
まあ、いつもボッタクられるから、正当な値段は知らないんだけど。

633.jpg

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
25ab4bcb7bb59a3193d957ed58b62a69.png?1495769992
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: