大きくする 標準 小さくする

パレンケの滝で思う

2007/11/18

パレンケはメキシコの南東部に位置する。
大分、目的地のカンクンまで近づいてきた。(キューバに行くため。)
気候も大分暑くなってきて、
なにより生えている植物がジャングルっぽくなってきた。
気分が高まっていく中、フラフラと観光をする。

ここでは滝が有名らしい。
2箇所の滝を見にいった。
よく、日本の滝はきれいだというけれど、
確かにそんな気もするし、
どこの滝もきれいだという気もする。

592.jpg

2つ目に見た滝は大きかった。
滝と言うと、細い糸のようなの水が無数に束ねられて、
落っこちている様を想像するけど、
水糸のようになっているという感じではなかったな。
水の集団が向こうから押し寄せてくるという感じ。
高さもそれほどではなかった。
それはそれで迫力があった。
逆らいがたい力によって、有無も言わさず水が流されてくる。

1つ目の滝は日本の滝に似ていた気がする。
高さもそこそこあって、それなりに繊細な水糸だった。
滝の下はみんなのプールになってた。

600.jpg

ボーっとしながら、なんでみんな滝が好きなんだろうかと考える。
ドラマチックなんだろうか?
高いところから、水が落ちてくる。
それまでは、のんびりと山を下ってきたのに、
急に崖っぷち。
それでも戻ることは出来ない。
潔く落下していき、落下した後に待っている静寂。
落下した所には、落ちてきた水が溜まって、湖となっている。
しばしの休息。
普段とは違う水の顔が見れる。

はたして水の方としてはどうなんだろうか?
上から落ちてくるのは、一大事なんだろうか。
一言に水と言っても、滝として見えてるのも水だし、
小さい湖として溜まっているのも水。
ここでは漠然ともう少し小さな水滴位の大きさのを水と呼ぼう。
彼らは他の水達と一緒に体をひっつけながら、
滝にくるまで移動してきた。
曲がるときには、内側の水はゆっくり、外側は早く移動する。
あまり速度がついてると急な曲がり角で、道から吹っ飛ばされる。
しかし彼らが自分からゆっくりしたり早くすることはない。
あくまでも山の傾斜で得た移動力でなるようになる。
道から吹っ飛ばされてもそれはそれだ。
反省して速度を調整することはない。
だから、いきなり道が消えて、下の湖にダイブするにも度胸はいらない。
おもしろいように躊躇なくダイブが出来てしまう。
そして、あまりの高さから落っこちたもんで、
すごい衝撃で運の悪いヤツは昇天してしまう。
水滴位の大きさだったのが、霧のように体が塵散りになってしまうんだ。
これは水というヤツが水滴位だったときの話し。
霧位だったり、滝だったり、湖だったりするとまた違った感じだろうな。
なんであれ、ドラマチックであることに間違いない。

613.jpg

トラックバック一覧

コメント


いい意味で頭がおかしくなってるみたいだね。おめでとう。

Posted by 党首 at 2007/11/19 20:04:50+09 PASS:

党首のコメントに激しく同意です、おめでとう!

Posted by Yousuke at 2007/11/20 23:41:38+09 PASS:

ありがとう!!
いい意味で???

Posted by エツ at 2007/11/29 19:55:37+09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
506438c7f811d553c4c4a1a719be1c51.png?1495770147
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード: