大きくする 標準 小さくする

フェリー乗り場

2007/03/09


イタリアのアンコナでのフェリー乗り場でのこと。
出発まで4時間ほどあるので、
乗り場をブラブラしていた。

するとおっさんが話しかけてきて、
「パニーニが買いたいんだけど、
1ユーロ足りないんだ、1ユーロくれ」
と言う。

オレが1ユーロあげる理由もないし、
パニーニ買うのを我慢すればいいだけだと思った。
しかしおっさんは当然のように、
お前のせいでパニーニが買えないんだから、
早く1ユーロよこせという風にせびってくる。
あまりのふてぶてしさに1ユーロあげてしまった。
あういう風な態度でこられると、
そうだった!!
1ユーロあげなきゃと思えてくるから不思議だ。

136.jpg

あと、
この町にはカフェに「run money」という、
しょぼいスロットゲームがあった。
(実際にはこの町だけではなくて、
  ギリシャのアテネでも更にしょぼい機械を見たけど。
  そこでも毎日同じ人間がゲームしてた。)
客がふらっとカフェに入ってきて、
コーヒー飲みながら、
毎日の習慣のようにこのゲームをやりだす。
このゲームは実際のお金を入れて、
レートを巧みにコントロールして、
お金を増やすというもの。
やってみると結構難しくて、
あっという間に3ユーロなくなった。

フェリー乗り場のカフェでこのゲームの達人を見た。
3時間くらいやって、100ユーロくらい稼いでたんじゃないかな。
大きなチャンスが来ると、
「ほら来たぞ」という風ににっこりこっちに振り返る。

コツはスロットの良い目が出るタイミングに、
どれだけ高くベットするかのように見えた。
日本ではパチンコ屋があって、
かけ金も稼ぐ額も相当なものだけど、
普通のカフェにそんな機械が置いてあるのも、
変わっていると思った。
3時間もやってるほうもやってるほうだけど、
見てる自分も相当ヒマだなと思った。
隣ではお前のおかげでパニーニが買えたよと手を振って、
例のおっさんもボーっとゲームの行方を見守っていた。


137.jpg

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
ddbd567b9c9ce6e719fc991e860e241d.png?1508449680
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

記事一覧